アーリーリタイアで悠々自適

資産運用と節約で経済的自由を勝ち取るためのブログです。

死ぬまで働くが当たり前の社会に 対策はあるのか?

死ぬまで働く


衝撃的なタイトルだとは思いますが、現実です。
65歳定年も現実身を帯びてきた今、年金70歳支給開始は当然の流れです。
私の世代ではないかもしれませんが、いずれは75,80歳となっていくのは目に見えています。

 

このままでは「死ぬまで働く」が当たり前の世界になりそうです。

金融庁が公表した「老後2000万円不足」はあくまで厚生年金の例です。
国民年金なら5000万円不足と言われています。

 

「大変だ!」と騒いでも誰も助けてくれません。
別の記事でも書きましたが、会社や国はもう助ける体力がありません。
www.blogearly-retire.com

 自分で対策するしかないのです。

 

対策①.資産を築く

 

資産

老後に向けて資産を築きましょう。
私の行っている配当狙いでも良いですし、4%ルール(リンク)を使った資産の取り崩しでも構いません。

www.blogearly-retire.com

 資産を築くには長期間必要なので、始めるなら今すぐに!

 

対策②.貯蓄をする

 

貯蓄

年収が高ければ貯蓄もアリです。
2000万円(5000万円)貯蓄できれば安心です。
インフレや年金減額のリスクを考えると4000万円(1億万円)あれば、尚良しですね。

 

対策③.働く

 

働く

対策①②をやりたくない、または既に60歳を超えているという場合は、やはりくしかありません
ただし、これからの高齢化社会で職を確保できるかわかりません。また体がいつまで動くかもわからないので、この策はリスクが大きいです。

 


言いたいのは、「先が見えているのだから対策しよう」です。
金融庁も我々のことを考えて公表したのに、なかったことにされてしまいました。
書類を葬っても、現実は何一つ変わりません。

自分の老後を心配してくれるのは、自分(と家族?)だけです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村