アーリーリタイアで悠々自適

資産運用と節約で経済的自由を勝ち取るためのブログです。

銘柄分析:[5947] リンナイ

 

リンナイ



シリーズ成長株の銘柄分析。

不労所得に必要な定期収入を得るため、気になる株式を分析していきます。

リンナイ【5947】の財務を分析。そして今後の見通しを予想していきます。

※不労所得を得るのが目的の為、短期的な視点では分析していません

 

 

どんな企業?

リンナイは、給湯器や給湯暖房機などの給湯機器をはじめ、厨房機器や空調、業務用機器など様々な分野の商品を開発しています。

CMでもお馴染みなので、知らない人はいないでしょう。

会社概要

 

 

  

現在の株価

株価


2018年に給湯暖房器などの販売不振が響き下落したようですが、現在は回復傾向です。

直近は8,980円。

コロナの影響は受けていませんね。

PER21.40倍。割高です。

 

売上高

売上高

 

スケールの都合で凸凹に見えますが、ほとんど平坦です。

決算書では「 安定的な買替需要を背景に業績への影響は軽微」と謳っているとおり売上も安定しています。製品の性質上、ライバルメーカーが現れない限り一定の需要はありそうです。

最近はアメリカや中国でも給湯器の売上を伸ばしているようです。

 

営業利益

営業利益

 

2018年度が少し下がっていますが、全体的に利益が安定しています。

2019年度は売上減にも関わらず利益が伸びています。 その要因として、決算書では「原価低減活動の結果」とありますが、素晴らしいです。

できれば毎年利益が上昇していくのが理想です。

 

ROE(株主資本利益率)の推移

ROE


10%が合格ラインですが、不合格です。

株主資本を有効活用してほしいです。

 

EPS(1株利益)の推移

EPS


利益に連動した動きになっています。

振れ幅としては大きくはないです。

EPSは配当原資となるので、ここをしっかりと確保しているのは大きいです。

 

配当の推移

配当


18期間連続増配です。

2020年度も増配を発表しているので、19年連続となる見込みです。

利回りが1.23 %なので少し低いです。

 

配当性向の推移

配当性向

 

20%台と低いです。 これからも連続増配を続けることができそうです。

こういう銘柄は安心できますね。

 

  

所感

企業としては売上・利益が安定しており、優良と言えます。

もう少しROEが高ければよいのですが。

連続増配銘柄ではありますが、配当利回りが1.23 %しかないので不労所得としては今ひとつです。

キャピタルゲイン狙いであれば買いますが、インカムゲイン狙いの私は買えませんね。

PVアクセスランキング にほんブログ村