株式投資でアーリーリタイア

株式投資と節約で経済的自由を勝ち取るためのブログです。いっしょにアーリーリタイヤを目指しましょう!

「汗を流して働く」は尊いのか?

今「働き方改革」が政府から低減され、長時間労働や生産性の改善が求められています。


しかし現状では、労働者は会社組織を維持するために長時間労働を要求され、生産性を犠牲にしているのではないでしょうか? 

自然界では、絶低王者の元で労働を強いられる存在として「働きアリ」が居ます。
日本の労働者はよく「働きアリ」と揶揄されます。
はたして働きアリは労働者と同じなのでしょうか?

今回は私たちの労働を考える機会として「働きアリの法則」を紹介します。

 

「働きアリ」は本当に働いているのか?

 働きアリ

「働きアリ」と聞くと全員一丸となって機械のように働いているイメージを抱かれるかも知れません。
しかし実際は、一生懸命働いているのは全体の約2割にすぎないのです。

これを経済学では「パレートの法則」と呼んでいます。

一生懸命働いている2割の働きアリが「全体の8割の食料を集めてくる」のです。
残り8割のアリはというと、6割が普通に働き、残りの2割は何もしていません。
つまり、その割合は「2:6:2」になることが分かっています。


ここで思いつくのが、『一生懸命働いている2割のアリだけを集めると生産性の高い組織ができるのではないか』というものです。
エリート集団を組織すれば最強チームができあがる筈ですよね?


ところが、実際に一生懸命働いている2割のアリを集めてみると、いつの間にか働くアリと働かないアリのグループに分かれて、その割合は「2:6:2」に落ち着くという実験結果があります。
不思議なことに「働かないアリ」だけを集めたグループを作ったとしても、同じ結果になります。

 

組織に「働かないアリ」は必要

 

サボる

組織の中に「働かないアリ」がいるのは効率が悪いと思われますが、どうして「2:6:2」のような結果になるのでしょうか?
その問題について、北海道大学大学院の長谷川英祐准教授による研究グループが研究しています。

長谷川准教授の研究グループは、まず「すべてのアリが一斉に働くとどうなるか?」コンピューターシミュレーションを使って解き明かしました。


それによると、すべてのアリが一斉に働くと一時的に生産性はアップしますが、同時に疲労も蓄積され、高い処理速度を維持することが難しくなり、最終的には組織を存続できなくなることが判明しました。

その一方、「働かないアリ」のいる組織では、一生懸命働いているアリが疲れて休んでいるとき、「働かないアリ」が代わりに働き始めるという現象が確認されました。

つまり、「働かないアリ」が代わりに働くことで、常に仕事の処理が一定の速度で行われることが分かりました。
そして、むしろそのほうが組織が長続きすることが解明されたのです。

野球で言えば、先発エースを完投させるのではなく、疲れたら中継ぎに代えていくイメージでしょうか。

つまり組織とは「効率だけを追求しても長続きしない」ということです。

 

様々な場面で役立つ「働きアリの法則」

 

前述しましたが「働きアリの法則」は「パレートの法則(80:20の法則)」とも呼ばれ、自然現象や社会現象、経済など様々な事例に当てはめることができます。

 

パレートの法則が当てはまる例を示します。

「売上げの8割は、2割の顧客で占められる」
「売上げの上位2割の商品が、全体の8割の売上げを占めている」
「Webのアクセスの8割は2割のページに集中している」
「故障の8割の原因は、全部品の中の2割の部品に原因がある」
「仕事の成果の8割は、仕事に費やした時間のうち『2割の時間』から生み出されている」


この法則は物理的なものではなく、自然現象からの経験則に沿ったものです。
ですが、自然現象には必ず理由があるはずで、まだ解明されていない仕組みが存在すると思います。

「パレートの法則」は、投資をするうえで、どこに力を注げば良いのかを示してくれます。

 

まとめ

 

ある投資をする上で、必要な知識を8割り得るのに2割の時間がかかるとします。残りの知識を2割を得るには8割の時間を要します。
完璧を極める必要がないのであれば、8割の知識で開始して、やりながら2割を埋めていくのがいいでしょう。

いま、日本社会は「働き方」を含めて様々な変化のときを迎えています。
コロナ然り。経済を取るか、感染予防を取るかのジレンマを迎えています。

何を変えるべきか、どう変わるべきか、ひとり一人が考えるべき局面を迎えているように思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村