アーリーリタイアで悠々自適

資産運用と節約で経済的自由を勝ち取るためのブログです。

銘柄分析:[8113] ユニ・チャーム

 

ロゴ




シリーズ成長株の銘柄分析。

不労所得に必要な定期収入を得るため、気になる株式を分析していきます。

ユニ・チャーム【8113】の財務を分析。そして今後の見通しを予想していきます。

※不労所得を得るのが目的の為、短期的な視点では分析していません

 

 

どんな企業?

ユニ・チャームは、1963年に生理用ナプキンの製造・販売を皮切りに、生理用品メーカーとしてスタートして以来、数々の独創的な技術や商品を開発し、パイオニアとして業界をリードし続けてきました。 2000年代から事業ポートフォリオの再編を図り、現在は生理用品分野で培った不織布・吸収体の加工・成形技術を活かし、

・ベビーケア用品

・ヘルスケア用品

・ハウスホールド用品

など事業分野を拡大しています。

国内の成熟化を予想して1980年代から積極的にグローバル化を進め、現在では世界約80ヵ国以上で事業を展開しています。

TVCMもやっているので、名前を知らない人はいないでしょう。

 

株式分布を見ると、外国人の比率が高いですね。

大量売りなどのリスクが有るように思えます。

株式比率

  

現在の株価

株価


コロナショックの影響をほとんど受けていません。日用品セクターらしいです。

直近は4,424円。

ここ数年は株価が上昇しています。

売上・利益を見れば納得の株価ですね。

 

売上高

売上高

 

売上を毎年伸ばしております。

海外事業が順調に伸びており、今後も期待できそうです。

※2016年からIFRS(国際会計基準)に変更されているので、ご参考程度に

 

営業利益

営業利益

 

2019年の利益がわずかに減っていますが、安定していますね。

2019年決算書ではパーソナルケア部門で、中国における販売数の鈍化による「減損損失を計上」と書かれております。今後は中東に期待でしょうか。

※2016年からIFRS(国際会計基準)に変更されているので、ご参考程度に

 

ROE(株主資本利益率)の推移

ROE


10%が合格ラインですが、及第点です。

株主資本を有効活用できています。

 

EPS(1株利益)の推移

EPS


利益に連動した動きになっています。

振れ幅としては大きくはないです。

 

配当の推移

配当


18期間連続増配です。

この5年間は平均して17%の増配を行っております。 すごいですね。

配当性向は20%なので、これでもまだ余力があります。

 

配当性向の推移

配当性向

 

2019年は利益減で増配しているので、配当性向が高めですが、それでも30%台なので安全圏ですね。

まだまだ増配の余地はあります。

 

  

所感

間違いなく優良企業ですね。

私的には、配当利回り0.63 %しかないのと、日用品セクターはジョンソンを保有しているので買いません。

キャピタルゲイン狙いの方であれば買いではないでしょうか。

PVアクセスランキング にほんブログ村