株式投資でアーリーリタイア

株式投資と節約で経済的自由を勝ち取るためのブログです。いっしょにアーリーリタイヤを目指しましょう!

投資は専門家に相談してはいけない

床屋


 

ウォーレン・バフェットをご存知ですか?

このブログでは度々登場しますが、「投資の神様」と呼ばれる、偉大な投資家です。

私の最も尊敬する人物でもあります。

 

バフェットの名言で、次のようなものがあります。
(バフェットの紹介はまたの機会に)

Never ask a barber if you need a haircut.
(髪を切ることが必要なのかを床屋に聞いてはダメだ。)

 

– Warren Edward Buffett
/ウォーレン・バフェット(1930~)

 

 

投資は専門家に相談してはいけない

 

専門家

 

髪を切ることが必要か床屋に聞いてはいけない。
つまり、床屋に聞いたら「髪を切った方が良い」と言うに決まっています。

なぜなら、髪を切った方が床屋の利益になるからです。

だから、髪を切るかを決めるには、自分で決めるか、利害関係のない第三者に聞くべきです。


相談する相手を間違ってはいけない、というアドバイスです。

 

相手の利益が優先される

 利益

 

投資や保険でよく見るのが『無料相談窓口』。
初心者には有益そうな気がします。なにしろ、プロが無料で相談に乗ってくれるんですからね。


でも、よく考えてください。
プロはスキルが売り物です。そのスキルは資格や経験から出来ています。

つまり時間をかけて育てたものです。

それをタダで貴方に提供しますかおかしいですよね?

彼らは、貴方に金融商品を契約させることで手数料を得ています。

つまり目的は『手数料の高い金融商品を売る』ことで、「貴方の困りごとを解決する」ことではありません。


もし相談するのであれば、有料相談にしてください。
情報には対価が必要です。

 

結局は自分で決める

 

自分

 

誰かに相談したとしても、決めるのは自分。
大切なお金の運用を、他人に決めさせて良いのですか?

決めるには情報が必要です。
何も選択肢がない所から決めることは出来ません。

仕事でも同じだと思いますが、相談する前に事前調査をしているはず。
大切なお金、ある意味で仕事より重要です。

投資だけプロに丸投げはおかしいでしょう。

 

www.blogearly-retire.com

 

PVアクセスランキング にほんブログ村