アーリーリタイアで悠々自適

資産運用と節約で経済的自由を勝ち取るためのブログです。

株式投資で不労所得!連続増配の銘柄で低リスク運用

以前に私のポートフォリオを公開しましたが、銘柄選びで重要視している1つが「連続増配」です。

www.blogearly-retire.com

 単に高配当では、今は良くてもいずれは減配するリスクがあります。しかし連続増配銘柄であれば、減配リスクは低く長期的に不労所得を得るには最適です。

今回は不老所得に欠かせない「連続増配」について取り上げます。

 

連続増配とは

 

「連続増配株」とは、「増配を続けている銘柄」のこと。毎期配当を増やしているという意味です。

配当を出すには利益を確保する必要があり、減益や内部留保枯渇など配当原資がなければ減配・無配となってしまいます。

長期間にわたって「増配」を続けている企業は、長期的に売上を伸ばしていたり、一時的に売上が落ちても配当を出せるようにしっかりと利益を確保できていたりする「優良企業」と言えます。

しかも、「配当が増える」だけでなく、「株価も上がる」傾向があるので、「増配株」は実に魅力的な投資先となります。
銘柄分析で売上高・営業利益を見ているのはこのためです。

ちなみに、25年以上連続増配の銘柄を「配当貴族」、50年以上連続増配の銘柄を「配当王」と呼びます。

 

日本株に配当王はいない

 

残念ながら日本株には配当王はいません。
もっとも長い増配記録を持つ「花王」でも30年しかありません。あと20年は配当王は誕生しないことになります。
配当貴族「花王」「リコーリース」の2銘柄のみで、あと数年は増えないでしょう。
これからですね。

 f:id:yuhki_kun:20200606215645p:plain

米株には配当王がいっぱい


米国には配当貴族はもちろん、配当王も数多く存在します。
ランキング10位以内は全て配当王で占められています。
配当貴族程度では100位以内に入るのが精一杯の状況です。
いかに株主還元を大切にしているかわかりますね。

f:id:yuhki_kun:20200606215804p:plain

私は米株の連続増配銘柄を中心に買っています。

 

最後に


不労所得を得るには、配当貴族・配当王が良いことは理解頂けたでしょう。
特に配当王は50年以上の長きに渡り増配を続けています。50年の間には様々な◯◯ショックや不況があったはずです。
しかし、これの企業はその荒波を乗り越え、増配を続けてきているのです。
今回のコロナショックもきっと乗り切ってくれることでしょう。

不労所得には減配は大ダメージです。絶対に避けねばなりません。
私は配当王・配当貴族の力を信じて投資していきます。

PVアクセスランキング にほんブログ村