株式投資でアーリーリタイア

株式投資と節約で経済的自由を勝ち取るためのブログです。いっしょにアーリーリタイヤを目指しましょう!

人は見たいと思うものしか見ない

見たいもの


今回は先日に続いて、有名人の格言です。

古代ローマの軍人「ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)」が残した格言として、

人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。
多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない

というのがあります。


「人は見たいと思うものしか見ない」という意味です。


投資に例えると、
「自分の都合の良い情報だけを受け取る」
ということです。

 

人は見たいと思うものしか見ない

都合が良い情報



見たい情報とは、自分の持っている株、またはこれから買おうとしている株についてのニュース。
その中で、自分に都合の良い情報のことです。

具体的には以下のようなものです。

・悪材料を出し切った
・来週には回復する
・来季は配当維持

見に覚えはありませんか?(私はいっぱいあります)


自分にとって都合の良い部分だけを切り出して、好材料とすることです。
好材料と一緒に悪材料もあるはずですが、なぜかそちらは目に入りません。

 

物事は客観性が大事

天秤



何事においても、主観が入ると公正な判断ができません。

投資においては、良いこと悪いこと両方を知った上で判断する必要があります。
希望的観測などは好材料とは言えず、ほとんどの場合では真実ですらありません。

 

投資は冷静になったものが勝つ

勝つ



前々回にしたゲームの話もそうでしたが、感情的になって勝てる勝負は少ないです。
冷静に状況を見つめて判断できる人が最後に勝ちます。

あなたの大事なお金を投資している訳ですから、落ち着いてすべての情報に目を通してください。

もちろん、情報の正確性も無視してはいけません。
世の中にはフェイク・ニュースが溢れています。

PVアクセスランキング にほんブログ村