株式投資でアーリーリタイア

株式投資と節約で経済的自由を勝ち取るためのブログです。いっしょにアーリーリタイヤを目指しましょう!

「複利の力」は人類最大の発明

複利

アインシュタインも驚く、複利の力


有名な物理学者のアインシュタインが「人類最大の発明」と呼んだものをご存知でしょうか?

(すでにタイトルにしているので、ネタバレ気味ではありますが)
それは「複利」です。

 

なぜアインシュタインは「相対性理論」ではなく「複利」を最大の発明と言ったのでしょうか?
一説には、資本主義社会の急速な成長に着目したアインシュタインが、その原動力となった「複利」に着目して引き合いに出したとされています。

我々の生活において、重要な地位を占める「複利」について、今一度検証して見ましょう。

 

複利の仕組みとは

 

複利とは、元本から利子を得るだけでなく「利子が利子を生む」という考え方です。
複利の対義語に「単利」という言葉がり、こちらは元本から利子だけを得るという考え方です。

言葉だけだとわかりにくいので、具体例を示します。

元本1000万円を年利5%で運用した場合の、「複利」と「単利」の増え方を表にしました。
(スマホの方は表をスクロールしてください)

複利 単利
0 1000.0 1000.0
1 1050.0 1050.0
2 1102.5 1100.0
3 1157.6 1150.0
4 1215.5 1200.0
5 1276.3 1250.0
6 1340.1 1300.0
7 1407.1 1350.0
8 1477.5 1400.0
9 1551.3 1450.0
10 1628.9 1500.0
11 1710.3 1550.0
12 1795.9 1600.0
13 1885.6 1650.0
14 1979.9 1700.0
15 2078.9 1750.0
16 2182.9 1800.0
17 2292.0 1850.0
18 2406.6 1900.0
19 2527.0 1950.0
20 2653.3 2000.0
21 2786.0 2050.0
22 2925.3 2100.0
23 3071.5 2150.0
24 3225.1 2200.0
25 3386.4 2250.0
26 3555.7 2300.0
27 3733.5 2350.0
28 3920.1 2400.0
29 4116.1 2450.0
30 4321.9 2500.0

表の30年目を見ていただくと、
複利と単利で約1800万円の差が出ているのが分かると思います。
これが複利による効果です。 

 

時間が「複利の力」になる

 

さらにグラフ化すると、

グラフ


単利」が直線なのに対して「複利」二次曲線を描いています。
どちらも5年目くらいまでは大きな差が出ていませんが、その後「複利」が加速していくのが分かります。

「複利」は、時間が経つほどに効力を発揮します。
これが「複利の力」です。

なぜこうなるか?

それは利子を元本に組み入れることで、元本が大きくなります。そして大きくなった元本に対して利子を得ることで「利子が利子を生む」構造が出来上がる訳です。

 

成功者は複利思考を活用している

 

「複利」はお金だけではなく、あらゆる場面で活用できます。

 

例えばビジネス。
一人で稼ぎ出す利益には限界がありますが、労働者を雇うことで、際限なく利益を生み出せます。
最初は小ビジネスでも、年々拡大していくことで、大きな利益を生む出すビジネスに成長できます。
GAFAなどがいい例でしょう。

 

このように我々の世界には「複利の力」が溢れているのです。


私は、アーリーリタイアへの近道は株式で「複利の力」を発揮することだと信じています。
一緒に学びながら投資をしていきましょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村