株式投資でアーリーリタイア

株式投資と節約で経済的自由を勝ち取るためのブログです。いっしょにアーリーリタイヤを目指しましょう!

アーリーリタイヤ後の住居について悩む

住居


後少しで、不労所得が300万円に達しそうなこの状況で、頭を悩ませているのが住居問題です。

 

私は大阪に実家を持っており、最終的にはそこへ住むつもりです。
しかし人生まだ長い。そこで隠居は早すぎます。

もう少し最先端の風を受けて過ごしていたい。できれば東京に住みたいと思っています。

 

金額的には問題ないのですが、心配な点は無職になることです。
アパート・マンションの入居審査では『定期収入』が確認され、給与所得以外は預貯金しか通りません。

 

本来であれば、不安定な会社勤めより資産家のほうが有利なはずですが、マネーリテラシーの低い日本では、資産1億円より、月収15万円が評価されます。

捕らぬ狸の・・・

しーっ!それは言いっこなし

 

対策

 

対策としては以下が考えられます。

 

1.退職前に賃貸契約する


サラリーマンの利点を最大限活かし、退職前に契約してしまう。騙しに近い気もしますが、違反はしていません。
また勤め先(または支店など)が近くにない場合は、セカンドハウスなど苦しい言い訳が必要です。

 

2.UR賃貸を契約する

UR


URは一般の賃貸と異なり、給与収入以外に『貯蓄基準条件』を選択することができます。
おおよそ家賃の100倍の貯金があれば審査に通過できると言われています。
一部地域のURは、1年分前払いすることで免除してもらえる制度もあるようです。

 

現実にどうするか


現実的な選択としては、UR賃貸かと思います。
家賃次第ですが、500万円程度はかかるでしょう。
1年分前払いの場合は、60万円程度は支払うことになりそうです。

退職金をまるまる使えば、なんとかなりますが、退職後に振り込まれるので間に合いませんね。
投資信託を現金化して見せ金にするか、悩むところ。

 

アーリーリタイアはまだまだ理解されない


最近になってアーリーリタイア、FIREなどを書かれた書籍も数多く出版されていますが、ガラパゴス化した日本国内では、市民権は得られていません。
昼間に家にいるだけで不審者扱いです。テレワークのおかげで今はマシですが、コロナが収まったら、また元のガラパゴスに戻るでしょう。


自営業やフリーランスでもいいので、何らかの肩書は必要かなと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村