株式投資でアーリーリタイア

株式投資と節約で経済的自由を勝ち取るためのブログです。いっしょにアーリーリタイヤを目指しましょう!

コロナショックでも投資ルールを守ること

f:id:yuhki_kun:20200427145211j:plain

出典:NHKニュースHP


今回のコロナショックで証券口座を開設する人が爆増しているようですが、これは株が下がったことでチャンスと見ている人が多いことを表しています。
間違っているとは思いいませんが、今回開設した人の殆どは損をするのではないでしょうか?
なぜか?、それは彼らの大半が「儲かりそう」という雰囲気に流されただけで、明確なルールを持っていないからです。
今回は投資ルールについて考えていきましょう。

 目次

 

投資は何の為?

まずは投資を何の為にするかを今一度思い出してください。
私の場合は経済的自由の為。他の人にとっては老後の為や大きな出費に備えてなど理由は様々でしょう。
しかしどれも長期的な目線で、自分なりの目標を決めて始めているはずです。1年や2年で大きく増やすことを目標としていた訳ではないでしょう。

長期投資を行う上で、株価の上下は必ず起こります。また○○ショックのような大きな不況も1度は経験することになるでしょう。
今回のコロナショックは、その1度にあたる訳です。

「株が○○円以下になったら売る」というルールを決めていたのなら売っても構いませんが、雰囲気に流されて売買をしてしまうと結果的に損をします。
儲かりそうだと買ってみたり、不安にかられて売ってみたりと理性的な判断が出来ないためです。

 

投資ルールとは

投資ルールとは環境によって変化するものではなく、常に一定のものとされています。
世界第2位の富豪ウォーレン・バフェットも一貫した投資ルールで財を成しました。

私の投資のルールは積立であり、環境に関係なく「毎月一定金額を買い続けること」です。
一定金額を買うことで、安値域では多く株を買え、高値域では少なく買えます

「株が下がったのに買うのは怖い」と思われがちですが、果てしなく下がり続けることはありません。リーマンショックからも株価は回復しています。人がいる限り経済は不滅なのです。

 

日経平均株価

f:id:yuhki_kun:20200427144828p:plain

出典:楽天証券株式会社HP

もちろん、株価の底(矢印赤)で買って、天井(矢印青)で売れば儲かります。ですが、底と天井がわかるのは神様だけです。
人間である我々は底と思い込んで買った株が更に下がり続ける不安に耐えられず売ってしまいます。
感情でなく、自分の投資ルールを守り続けた者が生き残ります

 

まとめ

投資はルールをしっかりと持って始めましょう。
そして一旦ルールを決めたら変えないこと。それが成功の秘訣です。
決して感情に流されて売買を決めないことです。

  

PVアクセスランキング にほんブログ村